ビジネスのために出張

ビジネスで出張したら

出張先へのお礼はビジネスの一環

ビジネスシーンにおいて出張はよくあることです。行先は国内から海外、期間も一ケ月などの長期に渡るケースもあるのではないでしょうか。それらはあくで仕事なわけですから、観光やレジャーのように楽しみはないでしょう。しかし、出張先で関わる人達との交流は何かしらあるはずです。また、期間が長期になればなるほど、プライベートとまではいかなくても親しくなる可能性もあります。もちろん、相手も仕事なわけですから割り切っても構いませんが、多少なりともお世話になったと感じたら、何かお礼をするとよいかもしれません。菓子折りなどに一言添えれば、悪い気持ちになる人はいないでしょう。そういった心遣いが次のビジネスチャンスに繋がる可能性もあります。なぜなら、お礼は感謝の表れですが、繋がりを深めるものでもあるからです。

出来る人材程出張の機会が多い

エリートなビジネスパーソンは世界各国を巡ります。米国や欧州に支社があれば、現地まで行く必要があります。また外資系のエリートビジネスマンではない方々も、今では出張が日常茶飯事です。ネットだけでは分からない現地のリアルな情報があり、それを正しく知るためには、現場責任者が現地まで出張しなければいけません。特に有能なサラリーマンは支社や子会社まで派遣される事が多く、年の半分以上が本社以外で過ごす、そういった人々も多いです。幸いな事に日本列島は、背骨のように鉄道が通っているため、各地域へのアクセスは比較的ラクです。

↑PAGE TOP